Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://blocken.blog14.fc2.com/tb.php/104-b71d65d5
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

◆◆IBS(過敏性腸症候群)◆◆

アシッドちゃん 100話



IBSネット

清水良太郎 椿鬼奴 つるとんたん ピルクル 過敏性腸症候群


お待ちしておりました
→ http://nakagawaho.yomibitoshirazu.com/ 

IBS(過敏性腸症候群)


過敏性腸症候群(通称 IBS)は、主として大腸の運動および分泌機能の異常で起こる病気の総称。
検査を行っても炎症や潰瘍など目に見える異常が認められないにもかかわらず、下痢や便秘、ガス過多による下腹部の張りなどの症状が起こる。
以前は大腸の機能の異常によって引き起こされる病気ということで『過敏性大腸症候群』と呼ばれていたが、最近では大腸だけではなく小腸にも関係することなどから『過敏性腸症候群』と呼ばれる。

症状は主に便通の異常である。症状の現れ方によって、不安定型、慢性下痢型、分泌型、ガス型の4つに分けられる。
排便により、しばらくは症状が軽快するが、またぶり返す。

不安定型
腹痛および腹部の違和感、下痢と便秘が複数日間隔で交互に現れる(交代性便通異常)。
慢性下痢型
少しでもストレスや不安を感じると下痢を引き起こす。神経性下痢などとも呼ばれる。
分泌型
強い腹痛の後、大量の粘液が排泄される。
ガス型 
過剰なストレスによっておなかにガスがたまる症状。
   症状が重くなると、無意識の内にガスやにおいがもれるようになる。

※ 機能性消化管障害に関する診断と治療の世界標準であるローマ基準IIによると、ガス型は過敏性腸症候群ではなく機能性腹部膨満症に分類される。

腸の運動を司る自律神経に異常があったり、精神的不安や過度の緊張などを原因とするストレスなどが引き金となる場合がある。
またもともと神経質な性格であったり自律神経系が不安定であったりする人が暴飲暴食やアルコールの多量摂取などを行ったり、過労や体の冷えなどの状態に置かれた場合に症状が発生する場合がある。

また、最初は身体的理由(暴飲暴食など)が原因で下痢をしたものが、それにより人前で恥をかくという経験を幾度か重ねるうち、学習効果により人前で下痢をすること自体に恐怖心を持ってしまい、長時間トイレのない場所や人目に触れずにトイレに入れないような場所にゆくと不安障害の一種として下痢をするようになることもある。
これはちょうど、乗り物酔いしやすい人というのは、乗り物酔いを何度か経験するうちに「また乗り物酔いするのではないか」という予期不安によって、乗り物に乗る前から、意識がそれに集中してしまい、酔いやすい状態(あるいは酔った状態)になるという、いわゆる「酔うと思うから酔う」現象に似ている。

パニック障害などとほぼ同じ原理といえる。

もし、身のまわりにこのような人がいたら、「なぜ我慢できないの」と思うのではなく、この病気についてよく理解し、相手を傷つけない行為をする事が大切である。
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://blocken.blog14.fc2.com/tb.php/104-b71d65d5
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

(´∀`)

中川

Author:中川
お待ちいたしておりました。

(´∀`)

(´∀`)

(´∀`)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。