Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://blocken.blog14.fc2.com/tb.php/117-ef2d7e76
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

◆◆ カオス ◆◆

アシッドちゃん 113話



カオス



カオス 杉崎美香 湯浅卓 あべこうじ 目黒萌絵


お待ちしておりました
→ http://nakagawaho.yomibitoshirazu.com/ 

カオス



カオスとは、ギリシア神話に登場する原初神である。通常、混沌と理解されているが、原初神としては、むしろ空隙(空いた場所)が原義である。


ヘーシオドスの『神統記』に従うと、世界の始まりにあって存在した。原初の神であるが、最初に混沌(カオス)が存在したという意味ではない。世界(宇宙)が始まるとき、事物が存在を確保できる場所(コーラー)が必要であり、何もない「場」すなわち空隙として最初にカオスが存在し、そのなかにあって、例えば、大地(ガイア)などが存在を現した。ヘーシオドスは、カオスをまたカズム(裂け目)とも呼んでいる。

『神統記』によれば、カオスの生成に続いて、ガイア(大地)が生まれ、次に暗冥の地下の奥底であるタルタロスが生まれた。また、いとも美しきエロース(原愛)が生まれた。これらの原初の神々はしかしカオスの子とはされていない。


カオスより生まれたものは、エレボス(幽冥)と暗きニュクス(夜)である。更に、ニュクスより、アイテール(高天の気)とヘーメレー(ヘーメラー・昼光)が生まれた。世界はこのようにして始まったと、ヘーシオドスはうたっている。


日常でも混沌としている様子や雑然とした場所などについて、「カオス」と形容することがある。また文脈や展開的に支離滅裂になった場合にもしばしば使用される。
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://blocken.blog14.fc2.com/tb.php/117-ef2d7e76
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

(´∀`)

中川

Author:中川
お待ちいたしておりました。

(´∀`)

(´∀`)

(´∀`)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。