FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://blocken.blog14.fc2.com/tb.php/125-22e46985
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

◆◆ 村崎百郎 ◆◆

アシッドちゃん 121話


村崎百郎


村崎百郎 WIRE 加齢黄斑変性 梨元勝 宝生舞

村崎百郎



日本のフリーライター、漫画原作者。兼業文筆家で本業は工員と自称していたが、真偽のほどや詳細は不詳(本件の事情については後述)。本名は非公開であったが、死去した際の報道により「黒田一郎」であることが公開された。


「電波系」「鬼畜」を自称していた。

初著作『鬼畜のススメ』(データハウス、1996年)の著者略歴によれば、

1961年 シベリア生まれ

最終学歴は中卒

1980年に上京

1995年より「すかしきった日本の文化を下品のドン底に叩き堕す」ために“鬼畜系”を名乗り、この世の腐敗に加速をかけようと「卑怯&卑劣」をモットーに日本一ゲスで下品なライター活動をはじめる
とある。なお『鬼畜のススメ』は“鬼畜的生き方の入門書”として「楽しいゴミ漁り」のノウハウを詳細に解説している本であり、百郎が日々マンション等のゴミ集積場から持ち帰った種々のゴミを分析するさまが綴られている。

また、「電波」と自称する「幻聴」が常時、聞こえる体質だというが、通常の精神障害者のようにその幻聴に支配されることはなく、うまく無視できているという。

現在は廃刊となっているデータハウス社刊の季刊誌『危ない28号』(1998年 - 1999年)に「世紀末鬼畜放談」と題したエッセイを連載していた。またミリオン出版刊の月刊誌『GON!』にも「魁・鬼畜塾」と題した連載を持っていたことがある(現在は連載終了)。公の場に登場する際や書籍等に写真が掲載される際には常に頭部をすっぽりと覆う頭巾を被っており、素顔や本名は不詳となっていた。上記のプロフィールについても真偽のほどは不明である。

営業を終了した出版社ペヨトル工房の回顧録『ペヨトル興亡史―ボクが出版をやめたわけ』(2001年・冬弓舎 ISBN 9784925220040)に寄稿し、社内での仕事の思い出や社長への感謝の念を述べている。寄稿文によれば、同社でアルバイトをしていた経験があるとのことである。

『危ない28号』連載の「世紀末鬼畜放談」において、漫画家の森園みるくは内縁の妻の関係にある(同棲しているが入籍はしていない)との記述がなされていた。

その後、村崎の死去を伝える毎日新聞2010年7月23日の記事では、森園みるくは「妻」であるとされており、また森園の本名が村崎と同じ黒田姓となっている。

2010年7月23日、読者を名乗る男性に東京都練馬区羽沢の自宅で刺殺された。

スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://blocken.blog14.fc2.com/tb.php/125-22e46985
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

(´∀`)

中川

Author:中川
お待ちいたしておりました。

(´∀`)

(´∀`)

(´∀`)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。